9・お茶で体脂肪が減らせるの?おすすめの飲み物をご紹介

カフェインには体脂肪を燃焼して、減らしてくれる効果が期待できます。

 

ですのでコーヒーと同じくお茶を飲むことで、体脂肪を減らすことは可能です。

 

しかしお茶と一言で言っても色々な種類があり、どれが良いのか分からないでしょう。

 

どんなお茶が体脂肪を減らすのに効果的?

日本茶で言えば緑茶が一番手に入りやすく、飲みやすいのではないでしょうか。

 

ペットボトルでも販売されていて、サイズも色々あり、価格もリーズナブルでおすすめです。

 

カフェインも多く含まれていますから、体脂肪を減らす効果は十分に期待できます。

 

またコーヒーや紅茶と違って、砂糖を入れないのでカロリーも心配ありません。 カフェインを摂取しようとして、缶コーヒーを飲んでも砂糖入りでは糖分を摂取してしまいます。

 

お茶は飲むタイミングも重要です。

 

運動する前に飲むと、体脂肪の燃焼を手助けしてくれるので知っておきましょう。

 

カフェイン以外のお茶の成分と効果

お茶といえばカフェインですが、お茶によっては違う成分が含まれていて、体脂肪を減らす効果があるようです。
一時期流行って耳にしたことがある方も多いと思いますが、杜仲茶にも良い成分が含まれています。

 

その成分はゲニポシド酸といって、脂肪を分解する効果があると言われています。 それとコレステロールの吸収も抑えるので、食前や食後に飲むと良いでしょう。

 

また日本的なお茶ではありませんが、ローズピップ茶には内臓脂肪を減らす成分があります。

 

杜仲茶やローズピップ茶は、どこでも販売しているというわけではありません。

 

緑茶と比べれば手に入りにくいという部分が、デメリットでしょうか。

 

体脂肪をお茶で減らしたい方への注意点

お茶に含まれるカフェインには、体脂肪を減らす効果以外に利尿作用もあります。

 

これは良い効果ではあるのですが、水分補給には向いていません。 喉が渇いたからといって、緑茶を飲んでも水分補給にはならず、すぐに尿として出てしまいます。

 

ですので夏など暑くて汗が沢山出ているときは、水や麦茶など利尿作用がない飲料も飲んで下さい。

 

そうしないと毎年ニュースにもなりますが、熱中症のリスクが高まります。

 

また飲みすぎるとカフェイン中毒の可能性も出てきますので、沢山飲めば良いという物でもありません。

 

三杯も飲めばカフェインの一日の摂取量としては十分です。 この様にお茶だけでも体脂肪を減らすことが出来ます。

 

もちろん魔法の薬ではないので、何日か飲んだだけで効果が出るということではないでしょう。

 

毎日意識して続けることが大切です。